Block Laboとは

勢いのある企業、Block  Laboとは

次世代へ続くプラットフォームを構築する企業

企業が活動するだけではなく、個人が活動する場においても、さまざまな暗号化技術が開発されています。その分野は限りなく広がり、生活・政治・公共事業・医療・不動産・メディア・金融取引など、ありとあらゆるシーンに入り込んで便利になる一方、ますます複雑化していく現状にあるでしょう。その過程において、“改ざんのない、透明性・確実性あるプラットフォームづくり”という環境が非常に重要性を帯びてくるのです。

例えば、世界中に約7,000種類も存在するといわれる暗号通貨をとってみると、まだまだプラットフォームが完成しているとはいえず、事件性を伴う大きな社会問題となって噴出してきている状態にあります。これが解決されないままでは、社会にとっても不利益になってしまうことは明らかです。

せっかく、暗号通貨という多様価値のある選択制が広がり、市場ニーズも高まってきていることや、暗号通貨市場全体の時価総額が数倍、数十倍に増大すると予測されているにもかかわらず、プラットフォームが不安定では、市場が盛況になるとはいえないからです。

そこで、契約内容を記録する技術(ブロックチェーン)と契約の自動化技術(スマートコントラクト)に、透明性・確実性あるプラットフォームを構築していく企業の必要性と重要性がより求められる傾向が強くなっています。また、その使命も大きくなっているのです。そこで、今、次世代を担えるほどの実力を持っていると注目を集める企業があります。それが株式会社Block  Laboという企業になります。

 

「勝てる暗号通貨運用」の実現を遂行

いち早くブロックチェーンの将来性に注目し、独自のプロジェクトによって、売買ロジックや売買システムを改革し、「勝てる暗号通貨運用」の実現を遂行していくことに本領を発揮している企業が、株式会社Block  Laboになります。まずは大きなリターンで結果を出し、社会と個人がどちらも幸福になるように貢献することを目的とする企業です。