フランチャイズの専門用語

加盟金とロイヤリティ

一般的に、加盟金とは、フランチャイズ事業本部に対して、加盟店となるフランチャイジーが支払うお金のことを指します。

これは、フランチャイズ加盟の契約により、支払うお金を指すもので、実際にフランチャイズ店を経営していく上では、これとは別に月々にロイヤリティを支払うことになります。

加盟金は、企業によっては解約時に返還されるところもあれば、返還されない、または加盟金の一部が返還されるなど、さまざまな違いがありますので、契約を結ぶ前には要確認です。

加盟金は、事業者本部により、その名称にさまざまな違いがあります。

フランチャイズにおけるロイヤリティとは、事業者本部に対して加盟店が支払うべき対価のことを指し、粗利分配方式、定額方式などさまざまな違いがあります。

 

フランチャイズマニュアルとは?

どの事業者本部でも、フランチャイズ店を経営する上で、独自のフランチャイズマニュアルが用意されています。

フランチャイズマニュアルには、接客の仕方から販売方法、商品管理、店舗の経営に関するノウハウなどがあります。

加盟店と契約を結んだあとは、フランチャイズの事業者本部であるフランチャイザーは、加盟店であるフランチャイジーに対して、フランチャイズマニュアルを提供しています。

このマニュアルに基づいて、健全に運営されるように、指導を行っています。